ほのかちゃん

Table of Contents

参考あれこれ Edit

てっとりばやくWindowsのコマンドラインで Edit

インストール Edit

  1. Kotlinのコンパイラをインストール(→ Working with the Command Line Compiler
  2. 未インストールなら Java実行環境 も用意(Java 8でOK)
PS W:\> kotlinc -version
info: kotlinc-jvm 1.3.21 (JRE 1.8.0_201-b09)

わざわざ手元にインストールしないで Kotlin Playground を使わせてもらうのでもいいかも

Hello Edit

PS W:\> kotlinc .\hello.kt -include-runtime -d hello.jar
PS W:\> java -jar hello.jar
Hello, again my old dear place

Nullable Fantasy Edit

PS W:\> kotlinc .\age.kt -include-runtime -d age.jar
PS W:\> java -jar age.jar
Kanata Tanaka (5)
Kanata Tanaka (?)

外部JARをコマンドラインから Edit

実用性不明。試しに jsoup を手元に置いてから

kotlincで生成したJARにGetWebKt.classが含まれるので、これをメインクラスにして起動する(→参考

PS W:\> kotlinc .\getWeb.kt -classpath .\jsoup-1.11.3.jar -include-runtime -d getWeb.jar
PS W:\> java -classpath ".\jsoup-1.11.3.jar;getWeb.jar" GetWebKt
Wanna Be Your Special
Touch Of Gold
 :

Spring BootをKotlinで使って、warを作ってTomcatに突っ込む Edit

ベースはこちら → Spring Boot(Kotlin) + GradleでAPIを書いてAzure Web Appにデプロイする。

プロジェクト作成 Edit

Spring Initializrに作ってもらう

コード実装 Edit

XxxxApplication.kt Edit

クラス名定義の後ろに SpringBootServletInitializer() を追加

XxxxController.kt Edit

すべて新規

build.gradle Edit

追加する分だけ記載

warタスクを実行すると、build/libsに生成されたwarが格納される

Tomcatにデプロイ Edit

$CATALINA_HOME/webappsに放り込む。環境に手を加えていなければこれだけでおしまい


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-27 (水) 23:58:28 (118d)